No219号 笑顔について その3

2020年 11月 10日 火曜日

赤ちゃんの笑顔は素晴らしいものがあります。それは一点の曇りもない目の輝きです。顔のベストメイクは笑顔です。笑顔の持てる人は幸せです。周りの雰囲気を明るくしますし、いつも人を引き付ける魅力があります。

職場もギスギスした状態より笑顔の飛び交う職場の方が人間関係も上手くいくのではないでしょうか。しかし笑顔というと単純ですが同時に目、言葉遣い、きれいな歯は魅力的な人を作り上げるでしょう。よく「明眸皓歯」というように目元と白く美しい歯は美人のたとえにされますが、同時に心と表情を作り上げた方が良いかもしれません。

最近、職場にスマイルスキャン「リアルタイム笑顔度センサー」を置いているところがあります。お客様と接する前の笑顔チェックを習慣化することで、自然な笑顔を身に付けることができるタブレットがあるようです。

それまでしなくともという方は朝起きた時、出勤前に鏡を見ながら笑顔作りの練習をした方がいいと思います。口角を上げるようにして「にっこ~」と笑ってみて下さい。「いいよ、いいよ」その笑顔を褒めてあげて下さい。もしもその際顔が引きつれているようであれば口角の延長線(笑筋)の部分、咬んだ時隆起する咬筋と側頭部をマッサージしてみましょう。

新型コロナ感染予防のためにマスクして見えないからいいやと思わずに実行してみて下さい。

院長

 OIPOIP

ページトップヘ