No253号 物語風診療(ナラティブ)とは

2021年 8月 24日 火曜日

新型コロナ感染がとどまる事がなく、全国に陽性者が増えております。インド由来のラムダ株の感染がほとんどで、しかも今までは子供には感染がなっかたのが10代以下のお子さんにも多くなっているといわれております。何時になったら収束するのでしょうか。

ところで最近の宣伝の方法が変わってきていると言われております。これまでは企業の考え方で自己アピールしてきたのが消費者目線でいわゆる「物語風」(ナラティブ)手法が大切になってきたと言われております。

そういえば大分前に石川明先生のナラティブに基づいたデンタルコミュニケーションというセミナーを受講したことがある。歯科にエビデンス・ベイスト・メディスン(科学的根拠に基づく医療)の必要性を教えられた。もう15年前のことである。もう一度原点に返って考えてみたい。

デンタルコミュニケーションの核となるのは聴く、質問する、伝える、この3つが大切であると言っておりました。コーチングは患者さんと二人三脚で行うことが大切です。

院長

 IMG_1822 IMG_1824 IMG_1826

ページトップヘ