No261号 歯周病が認知症の原因に

2021年 11月 24日 水曜日

認知症の7割弱を占めるアルツハイマー型認知症が歯周病の炎症によってこの原因物質である老人性アミロイドβが出来、脳に溜まりやすくなることがいわれております。

昨日(23日)付けの岩手日報に某保険会社で自分の歯を一定維持すれば保険料を割引く認知症保険を開発したと出ておりました。自分の歯が少なくなると認知症のリスクが高まるとの研究結果に着目。70歳時点で永久歯が20本以上残っていれば、以降の保険料を1~3割引く。

例えば保険金200万に設定して40歳で加入した男性の場合、月額保険料は1,280円だが、70歳になって割引が適用されれば898円に下がるという。さらに歯の健康維持を支援するウェブサービスも始めるという。

着眼点が素晴らしいと思います。皆様も歯周病を防いで歯を残すようにしましょう。当院もなるべく歯を抜かないように如何にしたら歯を残せるか日々努力しております。

 院長

blobimg104

ページトップヘ