家庭療法(セルフケア―)を大切に

2015年 9月 4日 金曜日

8月9日仙台で行なわれたセルフケア―講演会に院長、スタッフ一同参加しました。もともと予防は医院で行うプロケアと患者さんが行うセルフケアがあります。この両軸で歯を守って行くわけです。

今回のセミナーは「ケア型診療スタイルを徹底検証する」と題して東京で開業している加藤先生の講演でした。先生は患者さんの状態に応じてセルフケアの必要性があると説いておりました。予防の“新時代の受診構造は治療目的で来院した患者さんの健康意識を高め、メンテナンス層へ移行する。そのカギとなるのがセルフケアの処方である”と述べておりました。

当院でも写真のようにセルフケア処方のグッズをディスプレイしております。

家庭療法(セルフケア)をきちんと習得したい方、お待ちしております。

岩本記

DSCF0553DSCF0549

ページトップヘ